下取りよりも買取りの方が高額査定

下取りよりも買取りの方が高額査定をしてもらえる

中古車の処分でよく利用される手段が下取りか買取りです。

 

 

下取りは、ディーラーや自動車販売店で自動車を購入する代わりに、今まで乗っていた車を買い取ってもらいます。
買い替えたいという方なら、購入と売却の手間が1回で済むので楽ですが、高額査定はあまり期待するものではないと言います。
というのも、販売店では中古車の市場ニーズはあまり重視しておらず、また販売ラインも限定されているので、どうしても高値を付けにくい部分があるのです。
また、新しく購入する車の価格から買取り金額分を差し引いて還元されるため、金額は曖昧で分かりにくくなっています。

 

 

買い取りは、中古車買取業者が自動車の買取りのみを行います。
売却のみですので、買い替えの場合は計画的に行わないといけないという手間はありますが、高額査定は期待できると言います。
というのも、買取りに特化した業者ですので、市場ニーズに沿った価格を付けることができ、また販売ラインも店舗からネットまで幅広く抱えています
そのため、高値での売却が期待できるのです。

 

 

さらに買取業者はたくさんあるので、複数の業者に査定をしてもらい、その中で一番高値を付けてくれた業者に売ることができるのも利点です。
これが下取りでは、車を購入する場所でしか引き取ってはくれないため、価格比較をすることはできません。
それを踏まえると、手間はありますが、高値での売却を考えたときには買い取りの方がお得になるでしょう。