輸入車と国産車の違い

輸入車と国産車の違い

輸入車の購入を考える人の多くは、そのブランド力に魅せられているのではないでしょうか。
輸入車を利用する人の多くが、富裕層であることからも伺えます。

 

この輸入車のブランド力は、価格が高いという高級感だけでなく、それは価値観であったり、デザインフォルムや知名度であったりも致します。
実際に、輸入車といっても、海外では大衆車として利用されている車も多くあります。
一方、品質は国産車の方が高いといった声を良く聞きます。

 

これは、国産車の技術的なレベルだけでなく、湿気が高い日本の風土や、発進や停止の繰り返しが多い、日本の道路事情に適合した設計がなされている点にあります。
従って、新車であれば、ある程度の期間、メンテナンスの必要もなく安心して利用出来るのが、国産車の特徴といえます。
当然、運転ポジションも、日本人の体格などを考慮した設計がされています。

 

一方、輸入車は、ボディーの耐久性が高いといわれています。
これは、短期間で車を乗り換える人が多い日本と異なり、長く乗り続ける習慣が根付いている海外との違いから来るものです。
このボディーの剛性が強いことで、輸入車の方が長年乗り続けても、乗り心地が変わらないとされています。
また同様に、デザイン面でも、直ぐに飽きの来るデザインが多い国産車と異なり、輸入車は長年乗り続けても飽きの来ないデザインが多いといわれています。
なお、輸入車でも、品質の面では正規輸入車と並行輸入車で大きく異なって来ます。残念ながら、並行輸入車であればメンテナンスや修理などの面で、割高になることは覚悟しなければなりません。

 

 

>>>トップページ